看護師に求人と転職活動の時期|看護師に求人が多い理由

看護師に求人が多い理由

看護師が自分に最適な求人と出会うには、時期やタイミングも重要になります。転職活動を行う時期をいつにするかも大事なのです。退職してから始めるか、在職中から仕事を続けながら次の会社を探すか、悩むところです。在職中の転職活動では、収入の面が確保できているのがメリットです。しかし、なかなか時間に余裕がなく、焦ってしまう、ゆっくり探せないというデメリットもあります。では離職して、転職活動をする場合ですが、最適だと思われるのはやはり2〜3月頃ではないでしょうか。この時期は新年度に向け求人数が多くなる訳ですから、より好条件の職場が見つかりやすくなります。又、転職や退職が増える7〜10月も狙い目ではないでしょうか。タイミングを見逃さず、募集の多い時期に転職活動をするというのが選択の幅が広がりますし、転職活動を成功させるコツです。最適な職場と出会う為には、将来性もありキャリアアップできる事、福利厚生が充実している事、勤務形態が自分のライフスタイルに合っている事、出産や子育てのできる環境が整っている事、優れた教育システムや給与の高さなどを考慮しましょう。但し、前向きに有益な情報収集を行うことが大切ですが、職場がどのような人材を求めているか見極める事も大切です。希望ばかりでは、こんなはずではなかったということになりかねません。慢性的な看護師不足を背景に、求人情報の内容が誇大になっている可能性もあります。その点を考慮して、看護師の定着率の高い病院、離職率の低い病院をを選択することです。

看護師の求人と資格

最近の不況を反映してか、手に職がつき、収入の安定している看護師の資格を取る社会人の方が増えています。ネットでも看護師の求人サイトはたくさんあり、今とても人気です。パソコンがないという人も雑誌や新聞、ハローワークで応募できます。でも求人に応募するからには、資格がないといけませんので、看護学校に通う必要があります。看護学校の種類には、専門学校・短期大学・大学があり、そこで、3〜4年勉強して国家試験に合格すると看護師免許は交付されます。

看護師の求人と認定看護師

看護師の求人には、認定看護師といわれるものがあります。1996年に制定され、日本看護協会による認定と免許を受け高度の熟練したスキルと知識を持っています。日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を持っている人で実務研修が通算5年以上ある人で、外国においても上記と同等の教育を修了していることが条件です。高い知識と知識を持っている為、がん患者の看護、ホスピスケア、救急看護、重症集中ケア、訪問看護、糖尿病看護、不妊看護、感染管理、小児救急看護、手術看護、救急看護、新生児集中ケア、認知症高齢者看護 認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護など、実に様々の場所で活動が認められており、看護の現場においては、常に実践・指導・相談の3つの役割を求められます。

看護師の求人と専門看護師

看護師の求人をしているのは、大体は病院が多いと思います。病院など医療機関には、看護師の中でも特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を認められた専門看護師が勤務しています。1996年に制度が導入され、現在全国に300人程しか認定されていません。認定試験に合格してからも、質の向上の為には5年ごとの更新審査を必ず受けなければならない決まりがあります。求人の需要も多く、転職にも有利ですが、看護師の経験を積んだからと言って誰でもなれる訳ではありません。

看護師の求人とがん看護専門看護師

看護師は多くの転職支援サイトで求人しているのを見かけます。以前は不治の病と言われていた癌も今は徐々に新しい薬と治療法が見つかり克服する方法も見つかっています。ですが、癌を専門とするがん看護専門看護師がまだまだ不足しているというというのが現状です。がんは今や3人に1人が罹患するという、もっとも身近な病気になっています。がん患者への看護は、身体的な看護と共に精神的な看護が必要となってきます。

精神看護専門看護師の求人

精神看護専門看護師とは、複雑な問題を抱えて精神的に不安定な方などに対して、しっかりとしたアドバイスやケアができる、プロフェッショナルです。現代は何かとストレスの多く、心に大きな問題を抱え、精神の不安定に結び付く環境になっています。その為、医療機関の求人には、専門的知識や高度なケアが必要となり、質の良い看護や実践が出来る精神看護専門看護師が求められています。業務は精神疾患患者だけでなく、病院、施設の医療スタッフのメンタルケアも行います。認定される為には実務経験が5年以上あり、3年間は精神看護分野の経験が必要です。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 看護師に求人が多い理由 All Rights Reserved.