看護師の求人・診療所・クリニックで働く|看護師に求人が多い理由

看護師に求人が多い理由

看護師の求人は、一般の方の健康に対する意識が高まってきているので需要も高まっています。看護師の勤務先として、一番に思いつくのが病院です。では、それ以外に思いつくと云えば、近隣の小さなクリニックや診療所でしょう。このクリニックや診療所も看護師の求人をしている事があります。その他にも保健センター、福祉施設、最近ではエステサロンや一般企業、医薬品会社など、以外と活躍の幅が広いのです。以前は病院に行くのは病気やケガをした時でよいとされていましたが、病気にならないようにする為の予防医療が注目され始めると、サポート能力のある看護師達のニーズが高まったのです。また、エステや薬品開発など、病院以外で体に関する職種が増えた事や、介護施設や福祉施設の増加が、看護師への求人が高まった理由の一つであると言えます。しかし、基本的に医師を補助するという役目は変わらないのですが、病院と診療所では仕事の内容が多少違ってきます。診療所やクリニックは歯科、眼科、耳鼻科など専門分野の仕事です。その分野の専門知識を身につける事ができますが、大抵、人件費を抑えるため少人数で行う為、指示受けや処置などの全てを一人でこなさなくてはならない状況も出てきます。その反面、残業がなく、急変・緊急入院などがなく、落ち着いて仕事ができ、定時に帰れるというメリットがあります。ですから、家事と育児を両立させるのには、最適な職場といえます。いずれにしても求人が無くなるという事はまずありませんので、キャリアアップ出来る病院勤務にするか、落ち着いて仕事ができるクリニックや診療所等に勤めるか、どの職場を選ぶかは自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

看護師の求人・保健所や検診施設で働く

看護師の求人や募集を出しているところは、医療機関がほとんどです。それ以外にも地域の人の健康管理を扱っている保健所や検診施設も就職先の一つになります。会社の健康診断の際に見かける赤十字血液センターなどのスタッフとして、健康診断の補助業務を行います。保健所では、保健士と看護師が協力しあって、地域の人たちが健康で快適な毎日を送れるように指導していくことが看護師の仕事になります。

看護師の求人・保育園で働く

私立認可保育園に看護師を配置するということを厚生労働省は2007年から方針として決めました。公立保育園についてもいずれそうなるでしょう。ですから現在、すべての保育園は看護師の求人をしなければいけませんが、現状は足りていません。元気な子供たちと接して、自分も元気になる、保育園とはそういうところではないでしょうか。しかし、子供達は毎日元気であればいいのですが、風邪気味の子供やアレルギー、障害のあるこどももいます。そういう子供達へのケアも必要です。

看護師の求人・大学病院

看護師としてキャリアアップを希望している人には、大学病院の求人をオススメします。他の病院で治療が難しい患者でも、最新医療が整っている為、高度な知識と技術を学べる環境が整っています。又、看護師の教育機関としての役割も担っているので、研修会や勉強会・看護研究の発表なども盛んです。しかしながら、残業時間も多く通常業務以外の負担が大きいのも特徴です。その上、どんなに忙しい環境でも自己研鑽が必要で切磋琢磨しなければなりません。成長意欲の低い人はついていけず、脱落してしまうのが現状です。

訪問看護師の求人

看護師の求人情報で、在宅ケアというと、何となく大変そうだと思う方もいるでしょう。まして、未経験の方では重く感じる方もいらっしゃいます。しかし、医療機関と施設とではケアをしなければならないという点でさほど大きな違いはありません。訪問看護ステーションから契約利用者の自宅に訪問して、主治医の指示書を元に看護サービスを提供します。主な業務に訪問看護、訪問入浴、訪問診療があります。

看護師の求人をハローワークで探す

医療機関において、看護師の確保か困難な状態が続いているといわれます。ところが、看護師の資格をもちながら、求人を探している人達にとって、高条件、高待遇の職場というのは、なかなかあるものではありません。すぐにでも働きたい人や小さなお子さまがいて子育てに追われている看護師さんには厳しいものです。そんな場合は、一般的な方法として、ハローワーク(職安)で探す方法があります。ハローワークは、厚生労働省の各地域の労働局が運営する公的機関で、地域に密着した雇用サービスを提供しています。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 看護師に求人が多い理由 All Rights Reserved.