看護師の求人・常勤で働く|看護師に求人が多い理由

看護師に求人が多い理由

看護師の求人には、病院などで勤務するとき、常勤で働く事を正職員になるといいます。常勤には昼間だけ働く日勤と夜勤もする常勤の2パターンの働き方があります。看護師として資格を生かして働きたい、できれば日勤常勤で働きたいという希望を持っている方は増えています。その理由には、子供が小さいので定時には帰りたい、家庭と仕事の両立させたい、プライベートな時間を大切にしたい、介護しなければならない人が家庭にいる等の多くの事情があります。それだったらパートか非常勤でもいいのではないかと思ってしまいますが、やはり、医療保険や年金、有給休暇などの福利厚生が手厚くなり、それに、託児所付きの病院でしたら子供もあずかってもらえます。そういう訳で福利厚生の面でも安定していて希望が多いようです。日勤も夜勤も正職員なので、お給料はそれほど変わりません。差があるとしたら、休日出勤した、夜勤を多くした等の手当てで違ってきます。正職員の場合、月のお休みの数は同じで、年間休日も決められています。日勤といっても大抵は、2交代制で08:30〜17:00働き、16:30〜翌09:00まで勤務するというのが殆どです。中には、08:30〜17:00間での日勤のみというのもあります。しかし、なかなか希望する求人と出会えないという現実があります。看護師専門の求人サイトでは、条件検索をすると土日休・日勤常勤を希望している人には、病院の外来や健診センター・個人経営のクリニック・訪問看護など在宅看護等の情報があります。

看護師の求人情報・パートで働く

看護師の資格を持ち、お子さんがいらっしゃる方で就職や復職しようと考えた時、求人情報を見た時、ふと不安になってしまうのは育児と両立できるかどうかという点です。そのような不安から、就職や復職を躊躇している潜在看護師が全国に50万人もいるというのは、何とももったいない話です。最近は看護師不足の病院が急増していて、いくらでも求人があるような状況になっているのです。それならば、上手く家庭と子育ての両立ができる働き方をすればいいのだと思います。

看護師の求人・派遣で働く

看護師が転職を考えるとき、人材派遣会社の派遣で働くという方法があります。日雇いの単発派遣から、短期や長期派遣に至るまで様々な求人があります。この派遣とは、派遣会社と契約を交わし、一定期間雇用期間が定められ、就業できる雇用形態のことです。実際の業務内容は正職員やパートと変わりはありませんが、雇用主が派遣会社なので給与管理や休日申請は派遣会社で行います。決められた勤務範囲外で働きたくないと云う人や人間関係に煩わしさを感じる人にはオススメの雇用形態です。

看護師の求人・夜勤専従の仕事

看護師の働き方にも色々あって、日勤が良いとか、パートが良いとか、やっぱり正職員の方がいいとかライフスタイルによって選択肢は様々です。ところで、その中の一つに夜勤専従というのがあります。夜勤専従の求人では、体力的にきついのではないか、家庭があると無理とかでデメリットの部分しか思いつきません。たしかに、楽とはいえないようですが、夜勤あけは時間の有効活用が出来ますし、夜勤手当による収入はやはり魅力的です。勤務時間は夜間のみですので、それだけお子さんと一緒にいれる時間も多くなります。

看護師の求人・介護施設で働く

看護師さんの資格が活かせるのは病院という場所もありますが、最近の求人広告では有料老人ホームで働く看護師の募集をしているの良く見かけます。新たな活躍の場として介護業界に注目されている、有料老人ホームの訪問看護というお仕事があります。福祉や介護の仕事は人が人を支える仕事です。看護師の主な業務には、褥創ケアや点滴管理・経管栄養管理などを行い、高齢者が地域社会で自立して生活できるように支援をして適切な手助けをします。精神的な厳しさを求められる仕事でもありますが、生きがいや、やりがいを身をもって感じることができます。

看護師の求人と病院の仕事

看護師の求人は、どんな医療機関で働くのかという事が重要になります。主な活躍の場として、ベッド数が20以上の病院と19以下の医療機関で診療所とクリニックがあります。例えば、病院ですが、通院患者と入院患者の両方をケアします。入院患者に対しては24時間体制でケアが必要となるので、看護師自体も24時間ケアしなければならないので、大抵は2交代制か3交代制交代勤務で夜勤もします。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 看護師に求人が多い理由 All Rights Reserved.